tel 03-3341-5589


  • 上枠
  • TOP
  • どんなお店
  • 初めてミシンを使う人への説明ページミシンの修理についてのページ
  • よくあるご質問
  • 店舗情報
  • お問い合わせ
  • 下枠

コラム

用途によって使い分けよう!賢いミシンの選び方

NO IMAGE

ミシン全般

 

ミシンのサイズ感は?


ミシンといのは洋服や小物などを作るときに非常に重宝する機器なのですが、このミシンにはさまざまなサイズのものが存在しています。基本的にフルサイズ、コンパクトサイズ、レギュラーサイズという3タイプのミシンが存在しており、それぞれ大きさがかなり異なっているのです。フルサイズというものは一番大きなものであり、大きなものから小さいものまで縫うことができる優れもので、本体が大きく自宅などで据え置きとして使うことができます。コンパクトサイズは、その名前に通り非常に小さなサイズであり、バッグの中に入れて持ち運ぶことができるというミシンになります。レギュラーサイズは、コンパクトサイズとフルサイズの中間的な存在であり、ちょうどいいサイズなので家の中で持ち運ぶには最適なミシンと言えるでしょう。これらのものは用途に応じた選び方をするといいです。


ミシンの使い勝手は?


ミシンを選ぶときに初めて購入するという人もいるでしょう。そんなミシン初心者の方は使い勝手のいいミシンの選び方をするといいのですが、これはコンピュータを使ったコンピュータミシンなどを選ぶといいです。コンピュータミシンというのは糸調子や縫い目などを内蔵しているコンピュータが調整してくれるというものであり、針の動きを自動で調整してくれるので縫い物をしたことがないという方にかなりおすすめのものとなります。本体には液晶画面が付いており、ここでは様々な機能などを簡単操作で設定することができるのです。

また、電子タイプのものもあり、これはコンピュータタイプと同じように糸調子や縫い目の調整をしてくれるのですが、針の動きはコンピュータではなく電子基板を使って動かすタイプのものになります。


機能と価格でも比較してみよう


販売されているミシンは安いものから高いものまで存在しており、これは予算や機能に応じた選び方をするといいでしょう。
コンピュータタイプのものは自動制御による快適な作業をすることができ、液晶モニタを完備しているのでこれを利用して全自動ボタンホールや自動糸調子などをすることができます。コンピュータタイプは安いものだと10000円台から買うことができ、高いものだと10万円以上もする高級品もあるのです。高いミシンはパワーがあるので、分厚い生地にも縫いやすいという特徴があり、そしてLCDやCPU基板などに高級品が使われています。安いものに関しては、基本的に高いものと比べると昨日が限定されていたり、パワーなどが少し劣るという部分もありますが、低価格で手に入りやすいという大きなメリットがあるのです。


▸ つづきを読む

家庭用ミシン、フットコントローラーって必要?

NO IMAGE

ミシン全般

 

フットコントローラーとは


フットコントローラーというのはミシンで小物などを作るときに、縫うスピードを調整することができるコントローラーであり、足で調節することができます。また、スタートとストップの調整をすることができるので、縫っている間に両手が使えないミシンではかなり重宝するコントローラーであるといえるでしょう。形に関しては車のアクセルのような見た目をしており、椅子に座って使うこともできるのです。普通速度の調整をするときには手元を布やミシン本体から離して、本体の空調整する必要があるので効率を良くするためにもこのようなフットコントローラーがあると、作業時間を大幅に短縮する事ができます。フットコントローラーは単品での販売をしているのがほとんどなので、欲しいという時には本体と別で買う必要があるのです。


不器用さんにおススメ!フットコントローラー


ミシンを縫うときにはコンピュータタイプのものだと、本体についてる液晶モニタを見ながら設定をすることになるので、コンピュータミシンに不慣れな人などは速度調整をするためなどに液晶モニタを見て切り替える必要があるので、余計に手間がかかってしまう場合があります。しかし、フットコントローラーを使うことでこのような煩わしい作業を足で行うことができるので、不器用な人でも快適にミシンを使うことができるのです。ミシンは両手で押さえて縫うというのが基本になるので、両手を使うことができません。なので、手を布から離してしまう時に布がずれてしまい、うまく縫うことができなくなるということもあります。こういう時にも活躍するのがフットコントローラーであり、初心者の方にとって難しいミシンの扱いを簡単にすることができるのです。


手元スイッチとの使い分け


ミシンというのは手元スイッチというものが標準で本体に付いているのですが、この手元スイッチのメリットは縫い始めがゆっくりであり、だんだん設定した速度まで早くなるという特徴があるので、縫い始めがやりやすいのです。一方フットコントローラーは、踏む込みから縫い始めまで遊びがあるという特長あるので、まずは手元スイッチから初めて速度が設定した早さになったなら、フットコントローラーに切り替えて塗っていくという方法を取るといいでしょう。また、正座で縫い物をするときには、フットコントローラーを使うことができないので、手元スイッチを使って縫い込むといいのです。椅子に座ってミシンを使ったり立って使うというときには、フットコントローラーがあるとかなり便利であり、快適に作業をすることができるので、どこで縫い物をするかで使い分けるといいでしょう。

▸ つづきを読む

家庭用ミシンと職業用ミシンの違いとは?

NO IMAGE

ミシン全般

 

家庭用ミシンとは?


ミシンには家庭用ミシンというものが存在しており、このミシンは家庭で使うことを前提として作られているので、価格に関しても非常に安価なものや高めのものなど価格差が結構あります。これは個人の趣味で使うものであり、簡単な小物や洋服を作るときに用いることが出来るものであり、様々な機能が付属しているものもあるのです。このミシン1台でジグザクに縫うこともでき、穴かがりなどをすることもできるので、かなり重宝する機器といえるでしょう。素材に関してはプラスチックパーツを用いて作られているものも多く、本体を持ち運ぶこともできるという特徴があります。この家庭用にはフットペダルで踏んで使う電動ミシンや、電子回路を使っている電子タイプ、コンピュータが内蔵されているコンピュータタイプなどが存在するのです。


職業用ミシンとは?


ミシンには家庭用の他に職業用のミシンというものもあり、これは一般家庭で使うものでは物足りないが、工業で使うものは大きすぎて使いづらいという時に利用するといいものになります。回転スピードに関しては、家庭用で1300針/分となっているのですが、職業用は1500針/分となっているので、家庭用タイプよりも早くパワーもあるので、デニムやカーテン等の分厚いものも縫うことが出来るのです。ただし、家庭用のようにジグザグに縫うということはできず、直線縫いしかできないという特徴があります。操作に関してはフットペダルを使い行うものになるので、ある程度テクニックが必要になってくるのです。ミシン自体も結構大きく重量もあるため、家の中を持ち運びすることができないというと特徴もあります。


2つの使い分け方


家庭用と職業用のミシンというのは、どういう時に使い分けるといいのかというと、これは子供の手提げ袋や小物など簡単なものを縫うときには家庭用のミシンを使うといいでしょう。販売価格も安価であり、電子タイプやコンピュータタイプなどを選ぶと初心者の方でも簡単に縫い物をすることができるので、初めて利用する人におすすめといえます。また、家庭用は非常に安いという特徴があり、比較的手に入りやすいというメリットもあるのです。

一方職業用のミシンはパワーやスピードがあるので、大掛かりな縫い物をするときに使うことができます。例えばデニムパンツやデニムジャケットなどを補修するときに使うこともでき、洋服を作るときにも使うことが出来るのです。また、カーテンなどを作るときに使えるのである程度テクニックがあり、本格的な縫い物をしたいという方のおすすめといえるでしょう。


▸ つづきを読む

ミシンの価格はどこで決まるのか?

NO IMAGE

ミシン全般

 

初心者こそ激安ミシンを避けるべし!


縫製を趣味としたり職業としたりする際に、どういったこと重視するかによって求める機能というのは自ずと変わってきます。
特に趣味で始めたといった場合のような縫製初心者がよく選びがちなのが、家電量販店などでセールの一万円前後で販売されているような激安ミシンになります。こうした激安販売のミシンにありがちなのは、さほど縫い速度も速くなく縫い型もそんなに変化することも出来ず、機能も限られている場合が殆どで勿論刺繍機能なども全くついていない物が殆どです。また、厚物縫い等にも当然対応していない場合が殆どなので、きちんと理解せずに厚物を縫うと何度やっても上手く縫えずにしまいには針を折り続けて、その内心も折れて使わなくなるというパターンが多いです。こうした激安ミシンは比較的縫製を理解した人がメインとは別のサブに購入すると活用しやすいといえます。


高額ミシンでできることって?


やはり永くミシンを使用したければ、メインのミシンには比較的予算は高額に設定しておくと選べる種類も増えてきますし、自身がどういったことをそのミシンを使用して行いたいのかをイメージしておくと、自然と購入したいミシンが決まってきやすいです。

ただ洋服を縫いたいという場合であれば、最近の家庭用でも充分縫えますし職業用であれば厚物も縫えるので縫製の幅が広がります。特に最近の家庭でも使える大手有名メーカーから販売されている高額職業用ミシンなどは、簡単なロック機能だけでなく刺繍機能も備えている物もありこういった機能をコンピュータで管理することが出来るため、都度の縫製の設定が楽に行えます。こうした機能もまた有る程度縫製に馴染んでいると使いこなしやすい場合があるので、初心者の場合には中堅位の定番のメーカーの物を購入するとそんなにハズレも無いです。


あなたが使いたい機能は?



例えばミシンを使用して何を縫うかも大切で、あなたがどういったものを縫いたいかによって求める機能も変わってきます。

皮の生地を使って作りたい物があるならば求める機能は、厚物に対応しているかが第一優先になりますし更に鞄を縫いたい場合には袋物の特殊ミシンに代表されるような機能を持ったミシンが選ばれやすいです。毎回1から設定するのが面倒な人はコンピュータで一括設定してくれる機能を求めるし、そんなに費用はかけずにミシンを使いたい人はただ直線縫いが出来たら良いとばかりに格安の物を選びがちです。また子供が産まれたのを機に縫製をしたいと考えるようになった人は、子供の通園グッズに名前を刺繍できるような機能を兼ね備えた物を選ぶ傾向にあり、一概にどれが良いとは云えませんが自身が何をしたいのかを見据えて選ぶことが大切です。

▸ つづきを読む

ミシンが動かない!?原因と対処法

NO IMAGE

ミシン全般

 

糸の巻き込みをチェック


縫物をしている最中に急にミシンが動かなくなってしまった経験のある人は多いかと思います。そんな時、糸が巻き込みぐちゃぐちゃになって絡まっている、ということをよく目にします。故障してしまったのかと思う前にその対処法として、まずは糸のかけ方が間違っていないか確認する必要があります。手順通りに正しい場所にかけないと、縫い進めるうちに、糸が巻き込み、止まってしまう原因になりますので、再度確認をしてください。まず、上糸を外し、最初からかけ直します。コンピュータミシンの場合は、設定を見直します。余計な部分に絡んでいないかも確認します。そして、上糸の調子が強すぎる場合が原因としてよくあるので、調整を合わせます。以上のことを改善し、再度縫いはじめ、問題が解決されているか確認をしてください。


下巻き状態になっていることも


上糸の調子を確認しても、ミシンの様子が戻らない時は、下巻きの状態、下糸の状態を確認する必要があります。針板を外して、窯の中に糸が絡まったりしていないか、布ぼこりなどが詰まっていないかをまず確認します。もし、この時点で、ほこりが詰まっていたり、汚れがあるようでしたら、一旦作業を中止し、掃除とお手入れを初めてください。次に、下糸の巻き方を確認します。正しい状態で巻かれていないと、途中でミシンが止まってしまう原因になります。糸を巻くときにボビンケースにきちんとセットされていなかった、糸を切るときに正しい切り方をしなかった、などで縫物途中にミシンが止まったり、針が折れたり、というトラブルが起こります。気づかず使用を続けていると故障の原因にもなりかねないので、注意して確認しなおしてください。


何度もなるときは修理に出そう


上糸のかけ方も正しくやり直し、下糸の巻き方もセットも問題がなく、掃除もお手入れもやっているのに、全く状態が改善されない場合は、故障が疑われます。ミシンを購入した店舗や、メーカーなどで無償のサポートサービスなどもありますので、購入時の条件を再度確認してから、修理に出してみると良いでしょう。故障の状態にもよりますが、無料の範囲内での修理で済むよう、早めに対処をすることが必要です。大抵のサポートのシステムは、本体を郵送して点検してもらい、修理が終わったら再び郵送される、というものがほとんどです。1年に一度くらいは、点検が必要なので、調子が悪くなる前に時期が来たらサポートサービスに出してしまうのもミシンの状態を保つ上で大切なことです。自宅でできるお手入れと合わせてサポートサービスを活用することで、お気に入りのミシンを長持ちさせることができるのです。

▸ つづきを読む

実はいろいろある!ミシンの種類

NO IMAGE

ミシン全般

 

電動ミシン 


ミシンには非常にさまざまなタイプのものがあり、その中に電動ミシンというものがあります。この電動タイプのものは家庭用の100V電源を使って駆動するものであり、モーターに電力を供給することにより動かすことができるのです。この電動タイプで使用するモーターはユニバーサルタイプの整流子モーターと言うのものを使って動いています。針の動きについては内臓のモーターによって制御しており、このモーターの動きは電圧によって変化するという特徴もあるのです。電動ミシンは、フットコントローラーというものを使って、自分でコントロールするタイプのものであり、昔ながらのタイプになります。フットコントローラーの踏み加減によりモーターの加減を調整することができるので、ある程度テクニックが必要になるのです。



電子ミシン



ミシンには電子ミシンというものもあり、これは電子回路を内蔵しているタイプのもので、本体には様々な機能があり、簡単操作で切換することができます。電子化糸を使っているモーター使っているので、低速でもかなりの力があり、非常に厚めの生地でも快適に縫えるような構造になっているのです。糸調子や縫い目の調節などもでき、しかも模様の選択なども設定できるというメリットがあり、操作をするときにはダイヤルを使って行うことができます。また、針の停止位置が常に一定であるというメリットもあるので、自分で針の位置を調整するという手間を省くことができるので、かなり便利なのです。

このタイプは価格と性能のバランスがとれているという特徴があるので、初心者の方に最適なミシンといえるでしょう。


コンピュータミシン


これらのミシンのほかにコンピュータミシンというものが存在しており、これは針の上下運動や縫い目の長さなどをコンピュータが制御してくれるというミシンになります。これも電子ミシン同様、低速でもパワーのある構造になっているので厚めの生地も快適に縫うことができるようになっているのです。このタイピは、ボタンひとつで快適に操作することができ、縫い模様の切り替えも簡単に行うことができます。また、針の位置も下か上かに一定で止まるという特長あるので、ミシンに不慣れな方でも特別なテクニックがなくても使うことができるのです。ボタンホールに関しては右側と左側同じ方向で縫うことができるので、縫い目に差が出るということもありません。また、コンピュータ制御なので、狂ったりすることもなく不具合が出にくいという特徴もあります。

▸ つづきを読む

ミシンが壊れた!?ミシンの修理方法教えます

NO IMAGE

ミシン全般

 

確実に直す!店舗持ち込み

ミシン長年使っていると状態などが悪くなってしまい、動作が不安定になるという場合もあります。このようなうまく動作しなくなった場合は、ミシンを修理してもらうといいでしょう。ミシンを修理してもらう時には様々な方法があるのですが、最も素早く直してもらう方法は店頭に直接持ち込んで修理してもらうという方法があります。店頭持ち込みはその場で手続きすることができるので、素早く依頼をすることができるというメリットがあり、それぞれのミシン修理をしているお店ではベテランの職人により治してもらうことができるため、確実に不調が出ている部分を補修してもらうことができるのです。依頼をするときには店頭で補償サービスに入っている場合は、無料で直してもらうことができるので、事前に確認しておきましょう。


時間がないなら!出張修理

ミシンを直してもらいたいのだけれど、店頭まで持っていくのに時間がかかり面倒だという時は素早く直してもらうことができる、出張修理というサービスを利用するといいでしょう。この出張修理はミシンを直してもらうことができるお店で実施しているサービスの1つであり、直接自宅まで修理をしてくれる職人が来てくれて、自宅でミシンを直してもらうことができます。この方法を活用することにより、店頭まで行かなくても修理をしてもらうことができるので、時間がない人でも気軽に利用することができるのです。

出張をしてもらう時には、日時を明確に指定することができるので、忙しい日を避けておくということができ、日曜日や土曜日などに来てもらうこともできます。この時にかかる費用は、修理技術料と部品代などが必要であり、出張料などが必要になる場合もあるのです。


メーカーに対応しているかに気をつけよう

ミシンを修理してもらう時には、自身がどのメーカーのミシンを使っているのかを確認しておくといいでしょう。これは各お店により修理してくれるメーカーというのが決まっているので、そのメーカーに対応していないお店の場合は修理を受けることができません。これは、お店のホームページから確認することもできるので、依頼をする前にホームページを閲覧してどのメーカーに対応しているかを見ておくといいです。また、メーカーの認定修理を受けているお店もあるので、これもホームページから確認しておきましょう。

また、メーカーそのものに直接頼むという手もあり、これはそのメーカーの商品なら直してもらうことができるというサービスなので、対応しているお店がなかなか見つからないという時には、このサービスを利用して修理してもらうといいです。


▸ つづきを読む

糸が絡まる!?ミシンのトラブル解決法!

NO IMAGE

ミシン全般

 

ミシン内部で糸が絡まるときは?

縫物途中に、ミシン内部に糸が巻き込んでしまって、止まってしまうときは、故障をしてしまったのかと不安になります。この症状の原因は何なのでしょうか。そんな時、故障を疑う前に、糸のかけ方などで間違いがないか確認をする必要があります。上糸のかけ方が正しく手順通りにかけられていないと、糸が絡まるトラブルが起きます。一度外して最初からかけなおしてみることをお勧めします。また、糸調子があっていないことも原因になります。調子が弱すぎると絡まることがよくあるので、調子があっているかの確認が必要です。針の取り付けが間違っている場合も絡まりの原因になるので、正しく取り付けし直してください。また、針やボビンケースが不適合なものを知らずに使用している場合も絡まりが起きてしまいます。縫物と適合しているかどうか再度確認をして下さい。 


上糸がつってしまうときは?


縫い目をみた時に、上糸がピンと一本線のようになってしまっていることがあります。上糸がつっているような状態ですが、こんな時は、下糸のセットの方法が間違っていることが多いです。上面に糸が出てきているので、上糸の調子や設定がおかしいのかと疑ってしまいがちですが、こういう場合の原因と問題点は、下糸にあります。下糸の設定が間違っていると、正しい力が下糸に加わらずに、上糸が引き上げるときに布地を引っ張り、上面に糸が出てしまうのです。ミシンの電源を切り、一度ボビンを取り出し、巻き方が正しいか確認します。左巻きになっていない場合などもありますので、よく見てください。もし間違っていれば最初から下糸を巻きなおします。きちんと左巻きになっているか、確認したらもう一度正しくセットし直します。下糸のセットが正しくできれば、上糸がつるような症状は改善されるはずです。

針が折れたときは?



鍼が折れる場合は、縫物に適合していないものを使用している場合や、取り付け方が間違っているなどの原因が考えられますが、再度確認をしても、問題点が見当たらなかったり、症状が改善されない場合は、故障の可能性が高いので、点検をしてもらうことをお勧めします。ミシン本体の重大な故障がある場合などに、この鍼折れの症状がよく出ますので、自己判断をする前に、頻繁にこの状態になった時は、早急に点検をすることが大切です。購入した店舗や、メーカーのサポートサービスにミシン本体を輸送して、故障がないか点検してもらい、修理を終えたら再度郵送してもらう、というサポートシステムがほとんどだと思いますので、スピーディに修理を進めてもらうことができます。鍼折れの症状を放っておくと危険ですので、早めに対処をしてください。

▸ つづきを読む

やるとやらないじゃ持ちが違う!明日からできるミシンの簡単お手入れ法

ミシン全般

 

ミシン内部のお掃除のポイント



ミシンを使用しているうちに内部に布埃などがつまって異音がしたり、縫っている時の送りが悪くなったりすることがよくあります。定期的に掃除とお手入れをしないと早くに傷んでしまうという悲しい結果になってしまいます。自宅でも自分で簡単にできる掃除やお手入れの方法があります。まず、ドライバーを使って針板を外して内部の窯を外し、押え金も外して、誇りを取り除きます。専用ブラシを使うか、なければ歯ブラシでも構いません。内部の埃はこまめに取り除くことがミシンを長持ちさせるのには重要な事です。埃と汚れを取り除いたら元通り窯を入れて、針板をかぶせます。ある程度使用したら定期的にこの掃除を行うことをお勧めします。新しいものであれば、この掃除だけでかなり長持ちすることと思います。

ミシンへの注油



掃除だけではなく、必要なお手入れの工程はまだあります。それはミシンへの注油です。しばらく使用していると、掃除などをしていてもどうしても送りが悪くなることがあります。そういった場合には、注油をする必要があります。この油は工業用の潤滑油か、専用のミシンオイルを使用してください。故障などの原因となってしまいます。専用の油を用意したら、窯を外し、中央の回っている部分に油を入れます。スポイトなどで数滴たらすだけで大丈夫です。なじみがよくなるように電源を入れ、少しミシンを回します。しばらくしてから窯と針板を元通りに戻したら、注油は完了です。窯を戻すときいがんだりしないようまっすぐ戻すことが大切です。以上のお手入れを定期的に行うことで、ミシンの持ちがとてもよくなります。

修理に出して生き返らせる



自宅でできるお手入れと掃除を行っていたのにもかかわらず、どうしたことかミシンの調子が悪くなってしまうということもあります。原因を突き止めるためにも、思い切って修理に出してみましょう。購入した店舗やメーカーで専用のサポートがあると思いますので、郵送で送って修理されるのを待ちましょう。故障の内容にもよりますが、無料サポートサービス内で済む場合もあるので、おかしいなと思ったら気軽に相談してみるとよいと思います。日頃の使い方の癖などが原因となって故障してしまうことが理由として大半なので、修理に出したら、もう一度自分の日頃の使い方を見直して見る事が必要です。自宅での掃除と注油のお手入れ、そしてメーカーのサポートサービスと、すべて活用したら、必ずお使いのミシンは長生きしてくれることと思います。

▸ つづきを読む

1

 



Copyright(c) 2013 moggy All Rights Reserved.